第十回特別弔慰金(額面25万円、5年償還の記名国債)。

前回の特別弔慰金を受給している方には、案内が来ているようですが、
前回分を請求しなかった場合や相続が生じたことにより受給者が代わった場合などには、
役所から案内がない場合があるようでございます。
心当たりがある方は、平成30年4月2日までが請求期間であり、
この期間を過ぎると受取ができなくなるため、戦没者等の死亡当時のご遺族は、
お住まいの市区町村の援護担当課までお問い合わせしていただいた方がよいと思います。

先日、上記請求に携わりましたが、
請求しても実際に受給できるまでには、約8カ月以上かかるようです。

忘れた頃に受給となりますが、忘れずに請求はしておきたいですね。
(発信者:池田)