神奈川新聞(平成28年8月24日付)の司法書士相談コーナーに掲載され、代表の佐藤が回答をしています。
 相談テーマは、「先日、夫が死亡しました。相続人は妻である私と中学生になる子供の2人です。このように相続人に未成年がいる場合、遺産分割協議はどのようにするのでしょうか。」というものでした。
 この投稿では、上記新聞での回答とは少し異なった説明、主に、今回のテーマで不動産登記の名義変更はどうやって行うのかについて、簡単に説明します。
 亡夫の不動産の名義変更のための遺産分割協議が必要な場合、未成年者が遺産分割協議をするには、家庭裁判所で未成年者の特別代理人を選任してもらい、奥様と選任された特別代理人とで遺産分割協議を行うことになります。誰を選任するのかについては、一般的には奥様以外の親族であることが多いと思います。
 ここで一点見落としがちなことがあります。不動産登記の名義変更でもそれ以外の相続手続きの場面でもそうですが、法定相続分に基づき相続するのであれば、お母様が、相続人として、またお子様の親権者として、一人で手続きができるという点です。
 しかしながら、特別代理人を選任したくない、特別代理人を選任するのが面倒だな、法定相続で相続するのは好ましくない等と考えた場合、お子様が成人するまで待つことも必要かなと思います。
 ここまでお読みになられても、お悩みになられましたら、一度、気軽にご相談ください。(文責:池田)