川崎の司法書士法人 神奈川法務事務所 中原区役所正面

相続FAQ

私たち夫婦には子供がいません。私には兄弟がいるのですが、できれば私名義のマイホームを妻に確保してあげたいのですが?
その場合、大切なのは「妻に不動産を相続させる」という遺言書を作成することです。遺言がなく相続が発生すると、ご両親が既に亡くなっていれば、あなたの相続人は奥様とご兄弟になります。あなた名義のマイホームを奥様だけのものにするためには、相続人全員で妻が不動産を取得する旨の遺産分割協議が必要になりますが、その場合、ご兄弟が必ずしも協力的とは限りません。しかし、ご兄弟にはあなたの相続に関して「遺留分」の権利がありませんので、「遺言書」さえあれば、何の不安もなくマイホームを奥様に残すことができるのです。

遺産分割協議において、遺産はいらないという「放棄」と「相続放棄」との違いについて教えてください?
前者の「放棄」は、相続財産の中の積極財産(プラス財産)を承継しないという意味であり、相続人の地位から外れるわけではありません。従って、相続財産の中に消極財産(マイナス財産)=借金があれば、当然、その借金についても相続することになります。これに対し、後者の「相続放棄」は、家庭裁判所への「相続人の地位から外れます」という意思表示であり、家庭裁判所がその申立を受理したときに(ただし、申立期間あり)その効力が生じ、はじめから相続人ではなかった扱いになりますので、借金があっても承継することはありません。これが「放棄」と「相続放棄」の違いです。

遺言書の検認を行わずに遺言を執行した場合はどうなりますか?
遺言書を家庭裁判所へ提出することを怠り、検認を請求しないで遺言を執行した場合、5万円以下の過料に処せられます。また、故意に遺言を隠匿したような場合は、相続能力、受贈能力を失ってしまいます。ちなみに開封を家庭裁判所以外で行った者も、5万円以下の過料に処せられます。遺言書を見つけたら、その体裁や内容にかかわらず、家庭裁判所に検認請求をして、開封してもらうようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 044-739-5567 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日はご予約での対応 ]

PAGETOP
Copyright © 司法書士法人神奈川法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.